お悩み別・治療法で探す、兵庫美容外科Navi » 口コミで探す兵庫の美容外科 » いっかく皮膚科クリニック

いっかく皮膚科クリニック

姫路市のいっかく皮膚科クリニックでは、皮膚科としての見地から「自然な若返り」をコンセプトにした治療を行っています。このページでは、いっかく皮膚科クリニックの口コミや特徴などをまとめました。

いっかく皮膚科クリニックの口コミ

新しいクリニックです

女性横顔画像

「比較的新しいクリニックで、できてまだそんなに経っていないので、建物もきれいです。2年ほど通っていますが、いつ行っても混んでいます。予約制なので、予約時間に合わせていけば待ち時間もそれほどありません。穏やかな感じの先生で、限られた診察時間の中できちんと診てくれます

予約まで長かったものの大満足

女性横顔画像

「ネットでクリニックを探していたらこちらの評判が良かったので、カウンセリングに行ってみることにしました。先生をはじめ、スタッフのみなさんが優しくて、説明も丁寧で安心できました。施術の予約は3カ月後になってしまいましたが、施術はまったく問題なく終わり、傷痕もメイクで隠せるほどになりました」

予約の時間が分かるのがありがたい

女性横顔画像

「わりと新しいクリニックで、初診でもインターネットから予約できるのがうれしいです。予約をするとだいたいの待ち時間がわかるので、その時間に合わせて来院することができます。院内に清潔感があるのも良いですね。先生は若いですが、説明もわかりやすくて対応も丁寧でした」

いっかく皮膚科クリニックの特徴

皮膚科専門の保険医療機関

皮膚科を専門とする保険医療機関で、日本皮膚科学会の専門医師が診療し、有資格者が施術を行ってくれます。万が一、副作用などのトラブルが発生した場合も対応してもらえるのがポイントです。医療機関でのみ使用できるレーザー治療機器や、化粧品の取り扱いなどもあります。患者の心理を理解したうえで提案してくれるなど、常に患者の立場を考えた治療を心がけているクリニックです。

コンセプトは自然な若返り

「自然な若返り」をコンセプトに、しみやしわ、たるみへのレーザー治療や点滴・注射治療を行っています。レーザー脱毛やほくろ取り、アンチエイジング、AGAにも対応。患者が何を求めているのかを考え、様々な手法を組み合わせることで患者の「若返りたい」というニーズを「自然に」叶えられるように努めているのが特徴です。

プライバシーにも配慮

美容皮膚科としてだけでなく、一般皮膚科・アレルギー科、小児皮膚科、皮膚外科としての診療を受け付けているいっかく皮膚科クリニック。美容皮膚科部門は、一般診療部門とは別の待合室が用意されています。患者のプライバシーに考慮することで、患者が安心して治療を受けられる環境を用意しています。診療科目によっては、「他の患者とできるかぎり顔を合わせたくない」という患者もいますが、どの患者にとっても安心できる環境です。

機器を積極的に導入

いっかく皮膚科クリニックでは美容機器を積極的に導入することで、患者が満足できる施術を提供できるように努めています。また、日本美容皮膚科学会総会に参加するなど知識の吸収にも余念がありません。治療効果を出して患者に喜んでもらえるかを考えて施術に取り組んでおり、口コミでは「しっかりと見てくれる」「先生やスタッフが優しい」と評判です。

WEBからも予約可能

電話予約だけではなく、パソコンやスマートフォンなどWEBからの予約も可能です。初診でもWEBからの予約を可能にしているので、電話するタイミングがなかなか取れない患者さんや、直接話をするのは緊張してしまうという患者さんも、気軽に予約することができるでしょう。

車と電車どちらでもアクセスできる

JRはりま勝原駅から徒歩6分の場所にあり、電車を使ってアクセスしやすいのがメリットの1つです。駐車場は22台分あるため、車でも通えます。車で通う場合、イオン姫路大津店から東へ750m直進して到着です。

一角直行院長について

いっかく皮膚科院長
引用元:いっかく皮膚科クリニック公式サイト
https://ikkaku-clinic.com/staff.html

院長はこれまでに大学病院、県立病院、がんセンターなど様々な医療機関に勤務してきた経歴を持っています。それらの経験から、「クリニックだからこそ可能なきめ細かいケアで一人でも多くの患者に喜んでもらいたい」とのポリシーを確立させたそうです。

2004年に神戸大学医学部を卒業後、神戸大学医学部付属病院の臨床研修医として勤務。その後様々な病院の皮膚科で研鑽を重ね、2016年にいっかく皮膚科クリニックを開院しました。

日本皮膚科学会、日本アレルギー学会の専門資格を持ち、2013年には神戸大学皮膚科同窓会学術賞を受賞しています。

「信頼できるかかりつけクリニック」を目指しており、患者の様々な悩みも受け止めるとともに、「デメリットやリスク・副作用など患者の立場まで真剣に考えての治療を」と考えている一角医師。基幹病院勤務で得た経験から、「クリニック」という枠を超え、大きな病院にも負けない診療体制を整えることにしているそうです。患者に安心感を与え、患者との信頼関係を構築しながらの診療をできるように日々診療を行い、「患者ファースト」を徹底しています。

資格

日本皮膚科学会認定皮膚科専門医
日本アレルギー学会認定アレルギー専門医
日本抗加齢(アンチエイジング)学会認定専門医
高濃度ビタミンC点滴療法認定医
3TOライセンス

所属学会

日本皮膚科学会
日本アレルギー学会
日本抗加齢医学会
日本美容皮膚科学会
日本小児皮膚科学会
日本皮膚免疫・アレルギー学会
日本皮膚悪性腫瘍学会
日本乾癬学会
日本東洋医学会
日本臨床皮膚科学会
皮膚科光線療法推進の会(PMDTA)

治療法ごとの料金目安

いっかく皮膚科クリニックで取り扱っている治療法について

ピコシュア・トーニング

くすみや肌を明るく見せたい方におすすめなのが、ピコシュアレーザーを使ったピコシュア・トーニングです。ピコシュアは照射秒単位が短い(1兆分の1秒)照射が可能なレーザー治療機器。レーザー照射による瞬間的なパワーが強く、その衝撃波でメラニン色素を細かく破壊します。

ピコレーザーの出力を抑制して少しずつメラニン色素を分解。くすみを改善させて顔全体のトーンアップの効果が期待できるでしょう。マイクロスポットでレーザーを照射して肌質改善をするピコシュア・フラクショナルとの併用治療も可能です。

メリット

ピコシュアレーザーは、熱とは異なる衝撃波による反応でメラニンを破壊。ピンポイントで標的を狙えるため、正常な周囲の皮膚への影響が少ないことが特徴です。

自然にワントーン明るい肌へと導いてくれる「ピコシュア・トーニング」は低出力での治療が可能。レーザー照射時の痛みが少なく、肌へのダメージが少ないのがメリットです。レーザー照射後はかさぶたができにくいため、治療後にテープ保護をする必要がありません。翌日からライトなメイクができるため、ダウンタイムの影響が少ないでしょう。

デメリット

ピコシュア・トーニングの美肌効果を得るために、ターンオーバーごとに5~6回に分けてトーニングを実施。通院回数や費用が都度かかります。

個人差がありますが、照射中に若干の痛みを感じることや治療後に赤みや腫れが数日間続いたりする可能性があります。いっかく皮膚科クリニックでは麻酔クリームを使用。患者さんの痛みを軽減する対策を行っています。

ダウンタイム

ほとんどダウンタイムはありません。治療後に赤みや腫れしばらく続く場合がありますが、1~3日程度で回復します。赤みや腫れがなかなか引かない場合は、担当医師に診察・処置してもらいましょう。

フォト(光)治療

シミや赤ら顔(毛細血管拡張症)や、肌の若返りへ導く治療ができるのが「フォト(光)治療」です。ダウンタイムがほぼないのがポイントです。いっかく皮膚科クリニックでは、厚生労働省認可の光治療機「ICON MAX-G(アイコン マックスジー)」で治療にあたります。

ICON MAX-Gは、強力な冷却装置が本機器内にあるのが特徴。照射時と非照射時の2段階方式で冷却して皮膚温度の上昇を抑えます。高出力で放射できるため、従来のレーザー機器では難しかった色調のシミ治療にも有効。

特許技術のデュアルバンドフィルターは、メラニンだけでなく血管系の赤みに対しても治療ができます。肌全体に照射すれば肌質改善にも効果的。患者さんの症状によって異なりまsすが、1~1.5カ月おきに6~10回にわけて治療を行います。

メリット

ダウンタイムがほとんどなく、肌へのダメージが少ないことがメリット。治療後に照射したシミが一時的に濃くなることや薄いかさぶたになることがありますが、テープ保護するほどではありません。患部にテープを貼らずに過ごせるため、周囲にレーザー治療したことが気づかれる心配はありません。

デメリット

6~10回に分けて照射することで美容効果が得られるため、複数回の通院と費用すが必要になります。

ダウンタイム

ダウンタイムはほぼありませんが、治療後に赤みや腫れが生じる場合があります。翌日~数日で消失することがほとんどですが、気になる場合は医師に相談をしてください。

Qスイッチルビーレーザー治療

Qスイッチレーザーの中でも、ルビーレーザーの波長はメラニンに吸収されやすい特性があります。そのため、従来のレーザー治療では治療が難しかった薄いシミやそばかすに対しての治療が可能です。

いっかく皮膚科クリニックではジェイメック社の「The Ruby nano Q」というレーザー機器を採用。シミやアザなどの部位に対して、均一にエネルギーを照射できるのが特徴の美容機器です。毛細血管と周囲の皮膚への影響を最小限に抑えて治療ができるところが魅力です。

メリット

いっかく皮膚科クリニックで採用しているルビーレーザー機器は、照射面が六角形のため、同じ部分をダブって照射するリスクがありません。シミやアザの症状によりますが、通常は1度の治療で効果を得られるのがメリットです。

デメリット

治療中はゴムで弾かれるような痛みが伴います。治療してから数日後にかさぶたになり、自然に剥がれるまで1週間ほどかかることも。テープや絆創膏を貼って保護するため、予定を考慮したうえで利用する必要があります。

また、レーザー機器を照射した箇所が一時的に色素沈着を引き起こす可能性もあります。周囲の肌の色と馴染むまで、3~6カ月ほどかかる可能性もあるため経過観察が必要です。

ダウンタイム

Qスイッチルビーレーザーを受けてから3~5日後、照射した部分にかさぶたができます。それが取れるまで1週間ほど必要になるため、アフターケアが必要でしょう。無理にはがしてしまうと傷になることもあるため、医師にホームケアの相談をすることがおすすめです。

フラクショナルレーザー

フラクショナルレーザーは、皮膚に目に見えないほど微小なサイズの穴を開けて、熱刺激を与えていきます。熱刺激によってコラーゲンの産生を促して皮膚の再生を促進。1回で約20%の皮膚を入れ替えるほど、肌の再生効果が高いと言われています。

フラクショナルレーザーはにきび痕や傷痕、毛穴の開きなど肌質改善を希望される方にピッタリ。そのほか、加齢によるコラーゲン産生が滞っている方はエイジングケアとして定期的に利用することがおすすめでしょう。

メリット

いっかく皮膚科クリニックでは1540XDフラクショナルレーザーを導入。レーザー治療の痛みを最小限に抑えながら、ダウンタイムが短いことがメリットでしょう。

治療後にテープ保護をする必要もなく、翌日には赤みや腫れがひいてきます。金曜日の午後や土曜日に治療すれば、日曜日までにダウンタイムが終了。翌週は周りに気づかれることなく通常通りに過ごせます。

デメリット

フラクショナルレーザーの照射時にチクっという痛みを感じることも。フラクショナルレーザーは、継続した治療を行うことで効果が実感できるでしょう。1~1.5カ月おきに3~6回の治療が必要なため、その分時間や費用がかかり通院も必要になります。

ダウンタイム

赤みや腫れは、通常は翌日には落ち着きます。長くても3日程度です。

超高濃度ビタミンC点滴療法

ビタミンCを大量に点滴して、美肌に導いてくれる治療です。ビタミンCには強力な抗酸化作用があります。その他にもメラニンの生成を抑制する作用、コラーゲン生成作用、リンパ球の働きを活性化して免疫力を高める作用など、美容と健康に嬉しい作用が豊富。

いっかく皮膚科クリニックでは製造工場から冷蔵空輸された防腐剤なしの安全性の高いビタミンC剤を使用。週1回~月1回の点滴を行い、体内に注入していきます。美肌と健康に気遣いたい方はもちろん、ストレスによる疲労が蓄積されている方にも評判の治療です。

メリット

ビタミンCは、口から摂取しても実際に体に吸収されるのはごくわずか。点滴の場合は、血液中に投与ができるため体内の隅々までいきわたるでしょう。ビタミンC自体は薬ではなく栄養素であるため、副作用の心配がほどんどありません。正常な細胞を傷つけることなく、体の調子を整えられるところが魅力です。

デメリット

ビタミンCは水溶性ビタミンです。体の調子を維持したいのであれば、定期的に点滴を続ける必要があります。点滴には30~60分ほど時間がかかり、その都度通院する必要があります。

ダウンタイム

ダウンタイムは特にありません。

グルタチオン点滴

グルタチオンとは「グルタミン・グリシン・システイン」という体内で作られる3つのアミノ酸で構成されたペプチド。グルタチオンにはシミや肝斑などの改善作用、体の酸化を抑制する抗酸化作用などに期待ができます。

本来、グルタチオンは肝臓で生成されますが、加齢とともに生成量が減少することに。いっかく皮膚科クリニックは還元型グルタチオンを使用しており、点滴でスムーズに摂取できます。

メリット

グルタチオンは医療現場で広く使われています。美容目的や疲労回復などの体調を整えるだけでなく、パーキンソン病、肝機能障害、解毒作用にも対応。副作用治療にも対応できるほどリスクの少ない治療です。

デメリット

効果を継続させるには、定期的に点滴を受ける必要があります。目的や症状にもよりますが、最初は週に1~2回、1回あたり20分程度の時間がかかります。徐々に間隔を開けていきますが、クリニックに定期的に通うことになるため、スケジュールを考慮してから利用しましょう。

ダウンタイム

グルタチオン点滴のダウンタイムは、特にありません。

プラセンタ注射治療

ヒト胎盤の有効なエキスを抽出したプラセンタを注入する治療法。プラセンタは、更年期障害、肝機能低下、生理不順、冷え性などの改善に効果があり、体の調子を整えてくれます。

そのほかにも新陳代謝を活発にしてくれるため、自然治癒力を高める効果にも期待できるでしょう。肌荒れや乾燥、小じわ、アトピー性皮膚炎になど肌トラブルに悩んでいる方に向いています。

プラセンタは皮下注射を行います。治療目的によりますが、治療は週1~2回、継続することが理想的です。

メリット

ヒト胎盤から抽出された成分のため、副作用の心配が極めて少ない成分です。幅広い用途に使えるため、美容や体の調子を整えたい方におすすめでしょう。点滴より短時間で治療ができるところも魅力のひとつです。

デメリット

一度の注射で効果を実感するのは難しいので、継続することが必要です。はじめの2カ月は週1~2回、その後は1~2週間に1度の注射が理想的なため、定期的に通院が必要になります。

また、プラセンタ注射を一度でも利用された方は、感染防止の一環として献血を受けられなくなる可能性も。医師に相談をしてからプラセンタ注射を利用しましょう。

ダウンタイム

プラセンタ注射のダウンタイムは、特にありません。

クリニックの基本情報

所在地 兵庫県姫路市広畑区小坂96-1
アクセス JR「はりま勝原駅」より徒歩6分
診察時間 月、火、水、金9:00~12:30、15:30~18:30 土9:00~14:00
休診日 木曜、土曜午後、日曜、祝
兵庫県のクリニックを条件で検索する あなたにぴったりのクリニックはどこ?兵庫の美容外科を口コミで探す