お悩み別・治療法で探す、兵庫美容外科Navi » 治療法を知って兵庫の美容外科を選ぶ » 眼瞼下垂

眼瞼下垂

眼瞼下垂治療について、その種類とメリット・デメリット、ダウンタイムなどの基本情報についてまとめています。兵庫で眼瞼下垂治療ができるクリニックも紹介。

眼瞼下垂の治療法とは

まぶたを上げる筋肉である眼瞼挙筋が弱くなり、目を開けにくくなった状態を眼瞼下垂といいます。まぶたが下がることで物が見えにくくなり、肩こりや頭痛などの原因になるともいわれています。

眼瞼下垂の治療には、切る治療と切らない治療があります。

切る治療

多くのクリニックで保険適用されます。「挙筋前転法」という手術では、上まぶたを小さく切開し、皮膚や脂肪を切除し、挙筋や腱膜を縮めるように瞼板に縫い付けていきます。目の開き具合を調整しながら、余った腱膜を切り取り、皮膚と腱膜を順に縫い合わせて二重を作っていきます。

切らない治療

緩んだ眼瞼挙筋や筋膜を糸で引き締める方法。切開の傷は残りませんが、軽度の眼瞼下垂の人向きで、重度の人が行うと不自然な二重になってしまうこともあります。

眼瞼下垂治療のメリット・デメリット

メリット

デメリット

眼瞼下垂治療の基本情報

麻酔

眼球に点眼液の麻酔と、まぶたの表と裏側に局所麻酔を行います。局所麻酔は極細の針で行われるため、痛みも抑えられます。場合によっては静脈麻酔や全身麻酔が行われることも。

ダウンタイム

切る治療の場合、術後に腫れや痛みが出ることがありますが、1~2週間ほどで治まります。内出血が起こり、目の周りが紫色になる場合もありますが、こちらも1~2週間ほどでなくなるといわれています。洗顔やメイクは翌日から、入浴は3日後からできます。

切らない治療の場合、術後の腫れや痛みは2~3日で治まります。洗顔やメイク、入浴は翌日から可能です。

効果期間

効果の持続期間には個人差があり、半永久的に効果が持続する人もいれば、数カ月~数年で再びまぶたが下がってくることも。加齢や眼瞼挙筋が再び緩んでしまうのが原因だといわれています。

注意事項

参考サイト・参考文献

眼瞼下垂治療

兵庫県のクリニックを条件で検索する あなたにぴったりのクリニックはどこ?兵庫の美容外科を口コミで探す