お悩み別・治療法で探す、兵庫美容外科Navi » 治療法を知って兵庫の美容外科を選ぶ » 高周波

高周波

メスを入れず、皮膚の深層部に熱エネルギーを与えることで、たるみやしわの改善ができるといわれている高周波。高周波の特徴と代表的な機器、メリット・デメリットについてまとめています。高周波治療が受けられる兵庫のクリニック情報もチェック。

兵庫のクリニックでも人気の高周波とは

高周波は、ラジオ波、RF波とも呼ばれる治療機。高周波を照射し、真皮の奥の皮下組織に熱を与えることでダメージを与え、コラーゲンの生成を促します。

タンパク質を収縮して皮膚深層部を引き締めながら、コラーゲンの生成を促進するので、肌にハリが出て、たるみやしわが改善できます。

ダメージを受けたコラーゲンは時間をかけて生成していくため、少しずつ自然に、たるみやしわが改善していくことが期待できます。

高周波を照射することで発生した熱によって、体の奥から体温が上がり、血流やリンパの流れも促進されるといわれています。

おすすめの高周波機器

サーマクール

高周波の熱作用によって肌を引き締めますが、皮膚の表面を冷却しながら行うため、皮膚の表面は変化を生じずに、肌の深部だけ、熱エネルギーによるダメージを受けます。

コラーゲン線維の収縮による即時的な引き締め効果と、収縮したコラーゲン線維の創傷治癒過程で新しいコラーゲンが生成されることによる長期的な改善効果が見られます。

しわ、たるみ、ほうれい線の改善に有効です。

ペレヴェ

加える熱エネルギーは温かいお風呂程度の温度なので、痛みがなく麻酔が不要です。マッサージ効果とリラクゼーション効果が得られます。

また目の周りや首、顎下の治療も可能で、施術後すぐに効果が実感できます。

GFRイントラジェン

サーマクールから冷却機能とバイブレーション機能を削ることでコストを下げ、経済的なメリットをもった高周波機器。

冷却機能とバイブレーション機能がないことで、やけどと痛みが生じやすくなったイントラジェンには、熱が網目状に出るGFRという機能がついています。網目状に熱が出ることで、やけどしにくく痛みが出にくいといわれていますが、施術者の技術力によって効果の出方が大きく変わってきます。

イントラセル(ウルトラセル)

先端についた49本の針からRFが出力され、コラーゲン層に集中して熱ダメージを送ることができます。針の長さが4段階に調節でき、熱エネルギーのレベルも痛みに応じて調整が可能です。皮膚の表面のダメージが少なく、ダウンタイムが短いといわれています。

高周波のメリット・デメリット

メリット

デメリット

高周波の基本情報

麻酔

照射時に熱や痛みを感じることがあるため、麻酔クリームや笑気麻酔を使用するクリニックもあります。

ダウンタイム

ダウンタイムはほとんどないといわれていますが、使用する機器によっては赤みや腫れが出ることも。赤みは数時間から1日、腫れは数日~1週間程度で落ち着きます。

効果期間

使用する機器や個人差によって変わりますが、3カ月~1年ほどだといわれています。

注意事項

参考サイト・参考文献

高周波治療

兵庫県のクリニックを条件で検索する あなたにぴったりのクリニックはどこ?兵庫の美容外科を口コミで探す