お悩み別・治療法で探す、兵庫美容外科Navi » 治療法を知って兵庫の美容外科を選ぶ » 美容外科手術

美容外科手術

目元と口元のエイジングケア(アンチエイジング)について、美容外科手術の代表的な治療法を紹介。手術のメリット・デメリット、基本情報などをまとめています。兵庫で手術ができるクリニックもご覧ください。

兵庫で対応しているエイジングケアの手術は?

エイジングケアの美容外科手術はいろいろありますが、とくにたるみやしわが目立つ目元や口元の手術が人気のようです。

目元のエイジングケアの美容外科手術には、上まぶた・下まぶたのたるみ取り、上まぶた・下まぶたの脂肪除去、上まぶた・下まぶたの脂肪注入、皺眉筋切除、眉毛拳上などがあります。

口元の手術としては、口唇増大、口唇縮小、上口唇短縮、鼻下長短縮術などがあります。

目元のエイジングケア

上まぶた・下まぶたのたるみ取り

たるみの原因となっている隔膜前脂肪や眼窩脂肪を取り除きます。上まぶたの場合、眉毛の中を、下まぶたの場合は皮膚の裏側やまつ毛の際を切開するので目立ちません。

上まぶた・下まぶたの脂肪除去

たるみ取り同様、眉毛の部分や下まぶたの裏側、まつ毛の際を切開して脂肪を取り除きます。傷跡も目立ちにくいといわれています。

上まぶた・下まぶたの脂肪注入

加齢によって脂肪が下がるなどして、目の周りがくぼんでしまい、老けて見られがちです。自分の脂肪を採取し、それを上まぶたや下まぶたに注入し、ふっくらとさせます。

皺眉筋切除

眉間のしわを改善するため、眉間にしわを寄せる皺眉筋という筋肉を部分的に切除する方法。手術で切除することで、根本的に眉間の縦じわを改善することができます。

眉毛拳上

加齢によって下がった眉毛をつり上げる方法。上まぶたが厚ぼったい人、目尻のたるみや眉間のしわが気になる人にも。

口元のエイジングケア

口唇増大

薄い唇を厚くする治療。一般的にはヒアルロン酸を注入します。

口唇縮小

厚い唇で悩んでいる人に、唇の内側の粘膜部分を切除して薄くし、縫合する治療法。

上口唇短縮(鼻下長短縮術)

上口唇リフトとも呼ばれ、鼻の下が伸びた感じになったり、上唇が薄くなってしまったりする場合に行われます。鼻の下の余分な皮膚と筋肉を切除して、鼻の下から上唇までを短くする方法です。

美容外科手術のメリット・デメリット

メリット

デメリット

美容外科手術の基礎知識

麻酔

局所麻酔や笑気麻酔が一般的ですが、状況や希望に応じて静脈麻酔を行う場合もあります。

ダウンタイム

腫れは3日~2週間ほど、内出血は1~2週間ほどで治まります。メイクは抜糸の翌日~2日後から可能(抜糸は術後1週間程度)。

シャワーなら施術当日から可。湯船に入るのは1週間後くらいから。

効果期間

たるみの原因となっている脂肪や余分な皮膚を切除するため、効果は半永久的といわれています。

注意事項

参考サイト・参考文献

美容外科手術治療

兵庫県のクリニックを条件で検索する あなたにぴったりのクリニックはどこ?兵庫の美容外科を口コミで探す