お悩み別・治療法で探す、兵庫美容外科Navi » お悩み別で美容外科での解決方法を知りたい » シワを取りたい

シワを取りたい

加齢によって肌に弾力がなくなったり、同じ表情を繰り返すことで生じるシワ。シワができる原因と、兵庫のクリニックでシワを改善する方法についてまとめています。

シワは美容外科の治療で改善する

シワの改善に有効な方法としては、ボトックス、マイクロボトックス、高周波、超音波、レーザー、PCF・PRPなどがあります。

同じ表情を繰り返すことによってできたシワには、ボトックスが有効です。ボトックスには、筋肉を緩める作用があり、それによって筋肉の動きを和らげ、表情じわの改善につながるといわれています。

ボトックスが筋肉に作用するのに対し、皮膚の浅い層に注入するのがマイクロボトックス。筋肉の機能を残しつつ、自然な表情を保ちながらシワを改善する方法です。

高周波治療は、熱エネルギーを肌に与え、コラーゲンやエラスチンなどの生成を促すことで肌にハリが生まれ、シワを改善する方法です。

超音波によって肌に点状の熱ダメージを与えることで、コラーゲンが収縮。そのコラーゲンを治すために新しいコラーゲンが生まれて肌に弾力が戻り、シワの改善につながります。

熱エネルギーが加えられることで肌が引き締まり、コラーゲンの生成が促されることによってシワを改善させるという治療法です。

シワの原因と予防法

シワができる原因は?

シワには、乾燥じわ(ちりめんじわ)、表情じわ、紫外線じわ(真皮じわ)などの種類があり、それぞれにできる原因があります。

乾燥じわは、その名の通り、肌の表皮が乾燥することによってできるシワです。目尻など、皮膚の薄いところにできる細かいシワで、ちりめんじわとも呼ばれています。ターンオーバーが乱れた時にできるともいわれています。

表情じわは、笑ったり怒ったり、表情の癖によってできるシワです。笑ったときにできる目尻のシワや、しかめっ面をしたときの眉間の縦じわなどがこれにあたります。加齢や紫外線ダメージにより、肌が柔軟性を失われていくと跡が残りやすくなります

紫外線じわは、紫外線によって肌がダメージを受け、それが蓄積されて真皮層にまで深く刻まれてしまったシワです。真皮のコラーゲンやエラスチンが減少することによって起こります。

シワを防ぐ方法

乾燥じわは比較的浅いシワなので、スキンケアでも十分に対応できます。乾燥じわは肌が乾燥することによって起こりますから、保湿力の高いスキンケア化粧品を使って、しっかりと保湿をしてあげましょう。

表情じわを防ぐために、笑わない、怒らないということは不可能なので、保湿をして、肌の柔軟性を保つようにしましょう。もちろん、眉をひそめたり、眉間にシワを寄せたりという表情のクセを意識することも大切です。

紫外線じわの予防は当然、紫外線のケアです。外出時にはきちんと紫外線対策をして、紫外線を浴びないように注意しましょう。

シワのNG行為

乾燥じわに限らず、肌が乾燥すると柔軟性がなくなり、シワができやすくなります

また肌に摩擦や強い力を与えることも、シワを作る原因に。洗顔やクレンジングのときに力を入れてゴシゴシ洗ったり、顔の水分を拭くときにこするのはやめましょう。

偏った食生活や睡眠不足など、生活習慣の乱れは、肌のターンオーバーに影響を与えます。肌に必要な栄養が十分に補えなかったり、成長ホルモンの分泌にも関わってきます。

参考サイト・参考文献

シワ治療

兵庫県のクリニックを条件で検索する あなたにぴったりのクリニックはどこ?兵庫の美容外科を口コミで探す