お悩み別・治療法で探す、兵庫美容外科Navi » お悩み別で美容外科での解決方法を知りたい » シミを消したい » 老人性色素斑

老人性色素斑

シミの多くは、老人性色素斑のことを指します。老人性色素斑の原因や予防法、兵庫のクリニックでできる治療法について紹介しています。

老人性色素斑は美容外科の治療で改善する

一般的に「シミ」と認識されているのが老人性色素斑です。「日光性色素斑」「日光性黒子」とも呼ばれています。

大きさも、数ミリから数センチと幅広く、形状もさまざまです。最初は色も薄く目立ちにくいのですが、次第に濃くなり、はっきりとわかるようになってきます。平らなものが多いのですが、時間が経つにつれて隆起するものも。

30代後半頃から増え始めますが、20代でできる人もいます。

老人性色素斑は、レーザー治療がよく効くシミだといわれています。シミの種類や状態によって使用される機器は異なりますが、老人性色素斑の治療でとくに有名なのがQスイッチレーザーです。

フォトフェイシャル、ライムライトなどの光治療(IPL治療)も、老人性色素斑には有効だといわれています。レーザーよりも効果は緩やかですが、肌への負担も軽減されます

光治療について詳しく知りたい方はこちら

老人性色素斑の治療では、光治療と高周波治療を組み合わせて行われる場合もあります。

老人性色素斑の原因と予防法

老人性色素斑ができる原因は?

老人性色素斑のおもな原因は加齢と紫外線。とくに、紫外線を浴びることが多い顔や手の甲にできることが多いため、紫外線による影響が大きいといわれています。

紫外線を浴びると、チロシナーゼという酵素の働きが活発になり、表皮の一番下にあるメラノサイトでメラニンという色素を作りだします。そのメラニンが、ケラチノサイトへ送られ、紫外線から細胞核を守ってくれます。

通常このメラニンは、皮膚のターンオーバーによって剥がれ落ちていくのですが、長時間にわたって紫外線を浴び続けたり、強い紫外線を浴びるとメラニンが過剰に作られ、ターンオーバーにも乱れが生じます。すると剥がれ落ちるはずのメラニンがそのまま滞り、シミになってしまうのです。

老人性色素斑を防ぐ方法

老人性色素斑の一番の原因は紫外線ですから、紫外線対策を徹底することが最大の予防法になります。

外出時には、しっかりと日焼け止めを塗って紫外線を直接浴びないようにしましょう。帽子や日傘などを併用するのもおすすめです。

また肌が乾燥していると、肌のバリア機能が十分に働かず、紫外線のダメージを受けやすくなってしまうので、保湿をしっかりすることも大切です。

老人性色素斑のNG行為

老人性色素斑は悪化すると大きく濃くなっていき、さらには一部が盛り上がって脂漏性角化症(老人性イボ)になってしまうこともあります。悪化を防ぐためにも、紫外線を浴びないようにしましょう。

睡眠不足になると血流も滞り、肌に充分な栄養が行きわたらなくなります。肌の回復に必要な成長ホルモンの分泌を妨げないようにするためにも、しっかりと睡眠をとるようにしましょう。

参考サイト・参考文献

老人性色素斑治療

兵庫県のクリニックを条件で検索する あなたにぴったりのクリニックはどこ?兵庫の美容外科を口コミで探す