お悩み別・治療法で探す、兵庫美容外科Navi » お悩み別で美容外科での解決方法を知りたい » シミを消したい » そばかす

そばかす

そばかすができる原因と予防法についてまとめました。兵庫のクリニックでできるそばかすの治療法についても紹介しています。

そばかすは美容外科の治療で改善する

鼻の上や頬の上部にできる、小さくて茶色い斑点。「雀卵斑(じゃくらんはん)」とも呼ばれます。

顔にあらわれることが多いのですが、デコルテや肩、首など、紫外線を浴びやすい場所にできることが多いようです。

幼少期からあらわれはじめ、10代の思春期にかけてだんだん濃くなっていきます。その後は、薄くなっていくこともあるといわれています。

そばかすのおもな治療法としては、レーザー治療と光治療があります。

即効性の高さを求めるのであれば、レーザー治療がおすすめです。メラニン色素を破壊することでシミを取り除きます。

レーザー治療は高い効果が得られますが、ダウンタイムがあります。軽いシミの場合は肌を傷つけてしまうこともあるので、症状に合わせて選ぶようにしましょう。

IPLという光を当ててメラニンを反応させ、コラーゲンの活性化を促すことで、そばかすを改善しようという「光治療」という治療法もあります。レーザー治療よりも効果が緩やかで、ダウンタイムもほとんどありません。

そばかすの原因と予防法

そばかすができる原因は?

そばかすは3歳頃から生じる先天的なものと、後天的に外部からの刺激によって生じるものがあります。

先天的なものの場合は遺伝によるところが大きく、親にそばかすがある場合には、子どもにもそばかすがでる可能性が高いようです。

紫外線を浴び続けることによってできたり、悪化したりすることがあり、春から夏にかけて色が濃くなるともいわれています。

そのほか、女性ホルモンの変化、ストレス、睡眠不足などもそばかすを悪化させるといわれ、妊娠中はそばかすが目立ちやすくなることが多いようです。

そばかすを防ぐ方法

遺伝的な要素が強いため、日頃のスキンケアではそばかすを防ぐことは難しいようです。ただし、紫外線を浴びることによって濃くなることが多いので、紫外線対策はしっかりとしておきましょう。

そばかすのもとであるメラニンを抑制するためにも、ビタミンC、ビタミンE、コラーゲンL-システインなどが含まれた食品を積極的に摂ることをおすすめします。

そばかすのNG行為

紫外線を浴びることで濃くなるため、紫外線を浴びる行為は避けましょう。

また、女性ホルモンの変化によっても濃くなったりする場合があります。ストレスをためると女性ホルモンのバランスが崩れることが多いので、ストレスや疲労をためないようにしましょう。

参考サイト・参考文献

そばかす治療

兵庫県のクリニックを条件で検索する あなたにぴったりのクリニックはどこ?兵庫の美容外科を口コミで探す