お悩み別・治療法で探す、兵庫美容外科Navi » お悩み別で美容外科での解決方法を知りたい » シミを消したい » 肝斑

肝斑

30~40代の女性に多くあらわれる肝斑。肝斑ができる原因と予防法、兵庫のクリニックでできる治療法について紹介しています。

肝斑は美容外科の治療で改善する

肝斑は、30~40代の女性に多くみられる薄茶色のシミです。頬や額、口の周りなどに、左右対称にあらわれます。

女性ホルモンが関係しているといわれ、妊娠中にできたり、悪化したリすることもあります。

これまで肝斑は、レーザー治療が効きにくいシミだといわれてきました。それどころか、肝斑にレーザーを照射すると悪化して濃くなるとされ、レーザー治療は避けられてきました。

しかし最近では肝斑に効果のあるレーザー機器も登場し、レーザー治療も積極的に行われるようになってきています。

肝斑治療では、スペクトラなどのレーザートーニングが使用されることが多いようです。

老人性色素斑などの治療に使われるレーザーでは出力が強すぎて、肝斑を悪化させてしまう恐れがありましたが、低い出力で照射することで、肝斑を治療することができるといわれています。

肝斑の原因と予防法

肝斑ができる原因は?

肝斑の原因は、これといったものが特定されているわけではありません。

しかし、肝斑は30~40代の女性に多く見られ、60代以降ではほとんど発症しないといわれています。また妊娠中やピルの服用中に発生したり悪化する可能性があることから、肝斑ができる原因には、女性ホルモンが関係していると考えられています。実際に、閉経とともに肝斑が薄くなったり消えたりする傾向にあるようです。

他のシミと同じように、紫外線は肝斑を悪化させます。また、肝斑のある部分をこすったりして摩擦を加えると肝斑が悪化するといわれています。

肝斑を防ぐ方法

原因のはっきりしない肝斑には、これといった予防法もありません。しかし紫外線を浴びると濃くなるので、紫外線予防はしっかりしておきましょう。紫外線予防は肝斑に限らず、すべてのシミの予防にもなります。

また、ストレスによって悪化するともいわれているので、なるべくストレスをためないように、スポーツや趣味などで適度に解消することを心がけましょう。

肝斑のNG行為

肝斑は、紫外線を浴びることによって悪化し、濃くなってしまうので、紫外線を浴びるような行為は避けましょう。外出時には紫外線対策を忘れずに。

また摩擦などによって濃くなることがあるので、洗顔やクレンジングの際は強くこすってはいけません。タオルで水分を拭くときも、ゴシゴシこすらないようにしましょう。

ストレスによって悪化することもあるようです。ストレスをためないように心がけ、しっかりと睡眠を取るようにしましょう。

参考サイト・参考文献

肝斑治療

兵庫県のクリニックを条件で検索する あなたにぴったりのクリニックはどこ?兵庫の美容外科を口コミで探す