お悩み別・治療法で探す、兵庫美容外科Navi » お悩み別で美容外科での解決方法を知りたい » シミを消したい

シミを消したい

シミにはいくつかの種類があり、それぞれに改善方法が異なります。治療の効果を十分に得るためにも、まずはシミの種類を見極めましょう。シミの種類とそれぞれの原因&予防法、兵庫のクリニックでできるシミの治療法について紹介しています。

シミの見分け方チェックリスト

シミを改善する方法を知るには、まずシミの種類を知ることが大切です。シミの種類によって、改善方法は異なります。シミは大きく

・老人性色素斑
・肝斑
・そばかす

に分けられます。自分のシミがどのシミかわからない場合は、以下のチェックリストで確かめてみてください。

老人性色素斑

肝斑

そばかす(雀卵斑)

シミの原因と予防法、NG行為

老人性色素斑

原因

老人性色素斑の原因は加齢と紫外線。とくに、紫外線の影響が大きいとされています。紫外線を浴びることでメラニンが形成されますが、強い紫外線を長時間浴び続けると、メラニンが過剰に作られてしまいます。そうするとターンオーバーで剥がれ落ちずに滞り、シミになってしまいます。

対処法

老人性色素斑の最大の原因は紫外線です。外出時には紫外線を浴びないよう、紫外線対策を徹底しましょう。

肌が乾燥していると肌のバリア機能が働かず、紫外線ダメージを受けやすくなるので、保湿をすることも大切です。

NG行為

睡眠不足は血流を滞らせ、肌の回復に必要な成長ホルモンの分泌も妨げるので、しっかり睡眠をとるようにしましょう。

肝斑

原因

はっきりとした原因は特定されていないものの、30~40代の女性に多いこと、妊娠中やピルの服用中に発生・悪化することが多いため、女性ホルモンが影響していると考えられています。

対処法

肝斑は紫外線を浴びると濃くなるため、紫外線予防をしっかりとすることが大切です。ストレスによっても悪化するといわれています。

NG行為

紫外線のほか、摩擦によって濃くなることがあるので、洗顔時などに強くこすらないようにしましょう。

そばかす

原因

そばかすは、先天的なものと後天的なものがあり、先天的なものは遺伝によるところが大きいといわれています。

対処法

紫外線を浴びると悪化するといわれているため、紫外線対策は欠かせません。そばかすのもとになるメラニンを抑制するために、ビタミンC、ビタミンE、コラーゲンなどを積極的に摂るのも◎。

NG行為

女性ホルモンの変化によっても悪化するといわれているので、ストレスや疲労を溜めないようにしましょう。睡眠不足もいけません。

シミ治療

兵庫県のクリニックを条件で検索する あなたにぴったりのクリニックはどこ?兵庫の美容外科を口コミで探す