お悩み別・治療法で探す、兵庫美容外科Navi » お悩み別で美容外科での解決方法を知りたい » たるみを改善したい

たるみを改善したい

兵庫のクリニックでたるみを改善するおすすめの方法を紹介。たるみの原因や予防法、たるみを引き起こさないようにするために避けたほうがいい行動などをまとめています。

たるみは美容外科の治療で改善する

年齢を感じさせる肌のたるみ。老け顔に見られる一番の原因にもなるたるみを改善するには、自己流のケアよりも、クリニックでの治療がおすすめ。

たるみ治療を行っているクリニックは兵庫にもたくさんあります。クリニックでたるみを改善する方法としては、ヒアルロン酸、高周波、超音波などがあります。

肌のたるみは、ヒアルロン酸、コラーゲン、エラスチンなどの成分が減少することでおこります。そこで、減ってしまったヒアルロン酸を直接、肌に注入して補おうというのがヒアルロン酸注入です。

高周波治療は、RFなどの高周波によって真皮層に熱エネルギーを与えることで、肌がコラーゲンを作りだし、それによって肌のたるみを改善しようとするもの。メスや針を使わずにたるみを改善したい人におすすめです。

超音波治療はピンポイントで肌に点状の熱ダメージを与えます。加熱されたコラーゲンが縮むことでリフトアップ効果があらわれたり、熱で縮んだコラーゲンを治そうとする際に新しいコラーゲンが生まれ、皮膚に弾力が出て、たるみを改善する治療法です。

たるみの原因と予防法

たるみが起こる原因は?

皮膚がたるむ原因はいくつかあります。まずは、コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などの減少。これらの成分は、肌にハリや弾力をもたらしてくれる大事な成分ですが、年齢とともにその量は減少していきます。これらの成分が減ってしまうと、肌の水分保持力は低下し、ハリがなくなりたるみができてしまうのです。

2つ目の原因は、表情筋の衰えです。顔には約30種類の表情筋があるといわれていますが、加齢によりそれらの表情筋が衰えると、皮膚を支えきれずに顔のたるみとなってあらわれてきます。

そして、ターンオーバーの乱れもたるみの原因に。20代では約28日というサイクルで行われるというターンオーバー。しかし年齢とともに、そのサイクルは乱れていきます。すると、肌の表面によけいな角質が残ってしまい、肌が乾燥しやすくなってしまいます。肌の表面が乾燥すると、肌の内側の水分も逃げやすくなってしまい、肌にハリがなくなってしまうのです。

たるみを防ぐ方法

肌のたるみを防ぐための方法としておすすめなのが、表情筋を鍛えること。私たちは日常生活において、30%ほどしか表情筋を使っていないといわれています。表情筋は筋肉と一緒で、使わなければ衰えていきます。

特にパソコンやスマートフォンなどを使っているときは、無表情になりがちなので、ときどき口角や頬を上げたり、意識して表情筋を動かすようにしてみましょう。

そして乾燥もたるみに大きく影響します。スキンケア化粧品は、保湿力の高いものを選び、肌の乾燥を防ぐことが大切です。

また紫外線もたるみを引き起こす原因といわれているので、外出時には紫外線対策をしっかりとするようにしましょう。

そのほか、姿勢が悪いと肌もたるみやすくなるので、正しい姿勢を意識しましょう。睡眠不足やストレスを避けたり、バランスのよい食事を摂って適度に運動をするということも、たるみの予防方法になるといわれています。

たるみのNG行為

間違ったスキンケアは、肌のたるみを悪化させてしまいます。マッサージがよさそうだからと、むやみに力を入れて行ってしまうのは逆効果。クレンジングや洗顔も、力を入れすぎないように注意しましょう。

さらに体を冷やすこともたるみにつながるといわれています。体が冷えると、血液やリンパの流れが悪くなり、むくみやすくなります。むくみは余分な水分がある状態ですから、むくんでいる状態が続くと、その重さで肌がたるんでしまうとも考えられています。体を冷やさないようにして、むくみが起きないようにすることも大切です。

睡眠不足も肌の代謝へ影響を与えます。肌の代謝が悪くなると、たるみの原因にもなりますから、睡眠はしっかりとるようにしましょう。

また、過度なストレスも肌に悪影響を及ぼします。血管が収縮したり、肌のターンオーバーを乱し、肌のたるみの原因となるので、ストレスを抱え込まないように適度に発散させることを心がけましょう。

そして食事は肌や体の健康のための基本。健康な肌を作るためには、栄養バランスのよい食事を摂るように心がけましょう。無理なダイエットは、肌にも体にもよくありません。

一番危険なのは喫煙。喫煙は、体内に活性酸素を発生させます。すると、体内の抗酸化物質であるビタミンCが不足します。ビタミンCが不足すると、コラーゲンの生産力が衰えてしまいます。

タバコに含まれるニコチンには、血管を収縮させる作用があるため、肌細胞に必要な酸素や栄養が運ばれず、ターンオーバーを乱す原因になるので、肌のたるみを防ぐためにも、喫煙はやめたほうが無難です。

参考サイト・参考文献

たるみ治療

兵庫県のクリニックを条件で検索する あなたにぴったりのクリニックはどこ?兵庫の美容外科を口コミで探す